HOMEネダノン商品イベント頒布資料リンク
HOME > 過去の記事 > 合板等のJAS表示記号が変わりました(平成15年3月29日施行)
合板等のJAS表示記号が変わりました(平成15年3月29日施行)

☆が目印 JASの低ホルムアルデヒド規格基準の表示記号が、『Fc0』などの文字表示から
Fと☆の数』の表示に変わって分かりやすくなります。
新たに格付検査を免除した“非ホルムアルデヒド系接着剤”の表示が加わります。



概要
平成15年7月1日に予定されているシックハウスに関する建築基準法の施行に向けて、3月29日よりJAS規格が改正されました。従来、合板等に使われてきた『Fc0』などの表示を改め、『Fと☆の数』で、ホルムアルデヒドの発散量を表示します。

基準値

今まで


これから

格付検査免除 設定無し → 非ホルムアルデヒド系接着剤
0.3mg/L(平均値)
0.4mg/L(最大値)
設定無し → F☆☆☆☆
0.5mg/L(平均値)
0.7mg/L(最大値)
Fc0 → F☆☆☆
1.5mg/L(平均値)
2.1mg/L(最大値)
Fc1 → F☆☆
5.0mg/L(平均値)
7.0mg/L(最大値)
Fc2 → F☆
注:コンクリート型枠用合板は「F☆☆☆☆」を除く



当組合加盟企業が製造する『合板』等の表示例

普通合板

普通合板JASマーク

普通合板
910×1820mm
○○合板(株)

構造用合板

構造用合板JASマーク
構造用合板(低ホル)
910×1820mm
C-D
○○合板(株)

▲ページトップへ戻る



資料請求組合案内お問合せ

Copyright © 2000-2007 Tokyo Plywood Manufactures' Association. All rights reserved.