HOMEネダノン商品イベント頒布資料リンク
HOME > 過去の記事 > 住宅金融公庫「木造住宅工事共通仕様書」平成15年度改訂版に『ネダノン仕様』が記載されました
住宅金融公庫「木造住宅工事共通仕様書」平成15年度改訂版に、『ネダノン仕様』が記載されました

5.8 床組
5.8.7 火打ちばりを省略する場合の床組の補強方法
6.根太を用いず、直接、床下地板を床ばり又は胴差に留め付ける場合は次による。
イ.下地板の品質は、合板のJASに適合する構造用合板で、厚さは24mm以上とする。
ロ.下地板は、その四周囲を床ばりまたは胴差に直接留め付ける。N75釘を用い、 間隔150mm以上で平打ちして固定する。
ハ.床下地板にさね加工を施した構造用合板を用いる場合は、床ばりまたは胴差に、構造用合板の外周部分各1列、
  その間に1列以上になるように、N75釘を用いて150mm以下の間隔で平打ちして固定する。








資料請求組合案内お問合せ

Copyright © 2000-2007 Tokyo Plywood Manufactures' Association. All rights reserved.