HOMEネダノン商品イベント頒布資料リンク
HOME > 過去の記事 > 厚物構造用合板ネダノン(24mm)、壁倍率5倍の認定取得
厚物構造用合板ネダノン(24mm)、壁倍率5倍の認定取得

国土交通省 認定番号: FRM-0296(直張り・床勝ち仕様)
FRM-0297(直張り仕様)
FRM-0298(受材真壁仕様又は受材真壁床勝ち仕様)

平成19年2月7日
東京合板工業組合
東北合板工業組合
東京合板工業組合(所在地:東京都千代田区、理事長:鈴木 智)と東北合板工業組合(所在地:東京都千代田区、理事長:井上篤博)は、このたび厚物構造用合板ネダノン(24mm)の壁倍率5倍(大壁仕様・真壁仕様)の国土交通大臣認定を取得し、名称を『ネダノンスタッドレス5+』と決定しました。

現在の建築基準法では、7.5mm以上の構造用合板の壁倍率は2.5倍となっています。一般的な住宅建築で用いられる耐力壁として壁量計算で最高倍率とされる5倍を取得することによりmm住宅設計上の自由度が上がるmm耐震性の向上、などのメリットが生まれます。

そこで、ネダノン(24mm)の耐力壁としての用途拡大を図るため、『平成17年度木材の新しい流通・加工システム推進事業』(岩手県)のソフト事業で、(独)森林総合研究所に実験を依頼し、在来軸組工法の大壁及び真壁の実大実験を実施しました。その実験結果を基に、評価機関である(財)日本住宅・木材技術センターにて評価実験を実施し、合格したため壁倍率5倍の国土交通大臣認定を取得しました。

さらに、『平成18年度木材の新しい流通・加工システム推進事業』(岩手県)のソフト事業で、床勝仕様の大壁及び真壁の壁倍率5倍の認定を取得するため、(財)日本住宅・木材技術センターに評価実験を申請中です。

また、東京合板工業組合・東北合板工業組合は『ネダノンスタッドレス5+』という名称を商標登録申請をしており、傘下組合員には使用を認め認定書を発行します。

『ネダノンスタッドレス5+』のスタッドとは英語で『間柱』のことで、厚物構造用合板を用いることにより間柱を省略できることからスタッドレスとし、5は壁倍率の5、+は粘りがあり強いという意味です。

このたびの壁倍率5倍の国土交通大臣認定の取得を活かし、今後も業界の発展や環境に配慮した安全性の高い商品の研究などを進めてまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】
東京合板工業組合/東北合板工業組合
TEL.03-5214-3636 FAX.03-5214-3660
URL.http://www.ply-wood.net/nedanon/studless5.html
E-mail.info@ply-wood.net

▲ページトップへ戻る



資料請求組合案内お問合せ

Copyright © 2000-2007 Tokyo Plywood Manufactures' Association. All rights reserved.