HOMEネダノン商品イベント頒布資料リンク
HOME > ネダノン > ネダノン
ネダノン

ネダノン
ネダノンQF45 〜軸組工法〜
ネダノンQF45 〜枠組壁(2×4)工法〜
ネダノンスタッドレス5+
ネダノンマニュアル Ver.8
 (木造軸組構法仕様)


ネダノン枠組壁工法
 仕様マニュアル Ver.2





ネダノン
床に12mmの構造用合板を張ると、製材板と火打ちばりで構成した床より強度が高くなりますが、「ネダノン」を使用すると、施工が容易になるだけでなく、更なる強度性能が期待できます。

根太いらずで工期を大幅短縮
住宅金融支援機構「木造住宅工事共通仕様書」平成15年度改訂版から下記の項目が明記され、『ネダノン』が住宅金融支援機構仕様書記載商品になりました。

支援機構仕様書平成24年度版(抜粋)
5.8 床組
5.8.8 火打ちばりを省略する場合の床組の補強方法
5.根太を用いず、直接、床下地板を床ばり又は胴差に留め付ける場合は次による。
 イ.下地板の品質は、合板のJASに適合する構造用合板で、厚さは24mm以上とする。
 ロ.下地板は、その四周囲を床ばりまたは胴差に直接留め付ける。N75釘を用い、
   間隔150mm以下で平打ちして固定する。
 ハ.床下地板にさね加工を施した構造用合板を用いる場合は、床ばりまたは胴差に、
   構造用合板の外周部分各1列、その間に1列以上になるように、N75釘を用いて
   150mm以下の間隔で平打ちして固定する。




■特徴
火打材を省略することができます。
耐震性能(水平構面としての性能)が向上します。
たわみが減少します。
床鳴りが発生しにくくなります。
床の遮音性能が上がります。
耐火性能が上がります。
気密性が確保できます。

▲ページトップへ戻る




■規格・材質
サイズ(単位:mm)
樹 種 厚 さ サイズ 等 級
ラーチ 24

28
1820×910

2730×910

2000×1000
F☆☆☆☆

F☆☆☆
ラワン
ラジアータ
スギ
アカマツ
カラマツ
トドマツ
ヒノキ

※サネ付:1820×920、2730×920、2000×1010
※樹種複合もあります。(例)カラマツ−スギなど
※樹種・サイズ等は当組合又はメーカーにお問い合わせください。

▲ページトップへ戻る




■この商品に関するお問合せ
東京合板工業組合・東北合板工業組合
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-21-2
TEL:03-5214-3636 / FAX:03-5214-3660 / E-mail:info@ply-wood.net
※ネダノンの性能・施工方法・実験データ等については「ネダノンマニュアル」をご参照ください。

▲ページトップへ戻る




資料請求組合案内お問合せ

Copyright © 2000-2017 Tokyo Plywood Manufactures' Association. All rights reserved.